クーリングオフについて考えよう!

クレジットカードの利用法

意外に関連のあるクレジットカード
個人情報保護に気を付ける

最近では簡単にクレジットが利用でき、パソコンなどでのインターネットでも利用できるため、クレジットカードで困る人が増えています。

クレジットカードの最大のデメリットは、「どれだけお金を使ったか分かりにくい」ということです。

キャッシングと比べて大きな買い物をしてしまい易いのもクレジットカードです。

クレジットカードを利用する場合、実際に手元にお金がないため、どれだけお金を使っているかを把握できず、まだ大丈夫という過信から、よりたくさん高額な物を購入してしまう場合が多いのです。

クレジットカードで困ってしまう前に、以下のことに気を付けると大変効果的です。

1. 利用したお金を把握するために家計を付ける(パソコンで調べるのも可)
2. クレジットではなく、現金で購入できないかを考える。
3. コンビニ支払いなどの代替案を考える。
4. 個人情報保護の欄を詳しく見ておく

インターネットで利用する場合は管理も簡単ですが、問題は外出時にそのつど使ってしまう事です。外出時に利用したお金は家計にもつけにくく大変管理が難しいので注意が必要です。